フォーマンは本当に二日酔い効果があるの?

男性の活力増強を目指したサプリの「フォーマン」が高い評価を受けている理由の一つに「二日酔いに効く」ことがあげられています。

 

二日酔いは大昔から日本でも漢方薬や民間療法などで取り上げられていますので、時代は変わっても、お酒などアルコールがある限り、飲みすぎや体質的にアルコール分解能力が弱い人は経験しているものと思います。

 

二日酔いの症状はいうまでもなく、お酒を飲んだ翌日に「頭痛・吐き気・嘔吐・のどの渇き・胸のむかつき・体の震え・アルコール性胃炎による悪心」などの形で現れます。

 

二日酔いは、アルコール飲料を自分自身の代謝機能の限界を超えて摂取することで引き起こされる不快症状ですが、その原因は、エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったものが引き起こすと考えられてきました。

 

現在でもこの説が主流と思われますが、最近になって、二日酔いはアセトアルデヒドの濃度が低下した後に起こる症状であることから、アセトアルデヒド原因説に代わって、アルコールがドーパミンニューロンに作用することや血中のカテコールアミン量が上昇することが要因ではないかという研究も進められています。

 

「フォーマン」が二日酔いに効くとされている根拠は、成分にウコンが含まれていることです。ウコンには「クルクミン」という成分が含まれており、一般人を対象とした臨床試験を実施したところ、クルクミンはアルコール代謝において数値上で改善効果を得ることができたといいます。

 

この臨床試験はハウス食品が行ったものですが、30〜40歳代の男性を対象に体重に比例したアルコール量を摂取してもらい、クルクミン30mg含有の試験食かプラセボ(偽薬)のどちらかを本人に知らせずに摂取してもらったところ、クルクミンを配合した試験食を飲酒時に摂取したグループは、アルコール代謝能・排泄能向上に穏やかな効果が認められ、飲酒後の状況は適度に気分の良い酒酔い状態になるが、頭痛等の不快になる症状になる人は少ない傾向が示されたと結論付けています。

 

フォーマンにもウコンが120mg含まれておりますので、二日酔いの防止作用をしているものと推察できます。

フォーマンのポイント

フォーマンのポイント


フォーマンのポイント

フォーマンのポイント